気をつけるべきこと

競売物件を購入する際に気をつけるべきことは色々あります。その中でも、獲得できる情報が一般物件に比べて少ないということは念頭に置いておくべきでしょう。競売物件は内覧をすることが出来ないので、「3点セット」と呼ばれる資料を参考にするしかありません。3点セットは物件明細書と現況調査報告書、そして評価書の三つがあり、それぞれに物件の特徴について詳しく掲載してあります。

物件明細書は、その物件にまつわる権利について記載されています。競売で物件を獲得しても賃借権の権利は引き継がなければならないのかそうでないのか、また、その賃借権がある場合には物件を借りている人がいるため、賃借人との交渉が必要となります。現況調査書は現在の使用情報についてまとめられています。不動産を占有している人の氏名やその権限についても記載されています。また、評価書はその評価額や環境についての記載がされています。

このように、3点セットでは本来内覧などで知るべき情報やその後の交渉についてなどの重要な要件が記入してあります。これを読まずして競売を利用するというのは自殺行為に等しいとも言われています。必ず目を通し、適切な対応を行うようにしましょう。

Copyright © 競売物件のいろはを学んでいこう! All rights reserved.