違いについて

債務不履行になってしまった人の持っていた不動産は裁判所によって差し押さえられます。この物件のことを「競売物件」と言います。こちらは入札方式で売り出しを行うため、一般の物件とは様々な点が異なります。そのため、普通の不動産物件とは違うということを頭に入れておかないと、いざ購入をするときに混乱してしまいます。

大きく違う点としては、基本的には内覧をすることが出来ないということが言えるでしょう。また、瑕疵担保責任などの売り手側が本来負うべき責任がありません。そのため、買い手には十分に注意が必要な物件になります。このような違いが競売物件にはあるため、もしも購入しようと思っているのであれば気をつけましょう。

では、何故このような違いが発生するのでしょうか。それは物件を管理している法律が異なっているからです。一般物件は主に宅地建物取引業法などの法律に基づいて取引が行われます。しかし、競売物件においては民事執行法が適応されるのです。日本は法治国家であるため、法律によって大きく取り扱いが変化します。そのため、このような違いが表れているのです。競売物件と一般物件の違いは法律の違いにあるということを念頭においておきましょう。

Copyright © 競売物件のいろはを学んでいこう! All rights reserved.